富山大学

国際交流機構

英語で表示
機構外観

機構長挨拶

機構長

富山大学国際機構は、本学4番目の機構組織として2018年4月にスタートしました、グローバル化推進のための基幹組織です。「グローバルフロント」を備え、国際交流のシーズとなる多様な連携を学内外で醸成しながら、特色ある国際的ネットワーク形成へと発展させるグローバル環境を提供します。

 

富山大学は、理念に「富山大学は、地域と世界に向かって開かれた大学として、生命科学、自然科学と人文社会科学を総合した特色ある国際水準の教育及び研究を行い、人間尊重の精神を基本に高い使命感と創造力のある人材を育成し、地域と国際社会に貢献するとともに、科学、芸術文化、人間社会と自然環境との調和的発展に寄与する。」を掲げてグローバル化を推進しています。

 

この理念のもと、国際機構は事務組織の「国際部」と密接に協力し、各部局、教養教育院、他の3機構(教育・学生支援機構、研究推進機構、地域連携推進機構)、等との連携の起点役を果たし、富山大学の特色ある取り組みを国際的視点から世界に広げていきます。


2018年10月

国際機構長 畑中 保丸